更年期や閉経後の人のピルの服用について

閉経後もピルを飲むか迷う女性
女性には定期的に訪れる月経が完全に停止して、赤ちゃんを産むという機能が終わった状態になるのが閉経ですが、実際に閉経を迎える前後の数年間にわたって、月経とは切り離せない関係にある女性ホルモンの分泌量が減少するなどの身体的な変化がおとずれる切り替わりの時期のことを更年期とよんでいます。
こうした年代の人が避妊を目的としてピルを服用することについてですが、閉経後はそもそもピルで避妊をする必要がないとしても、更年期でまだ月経が続いているという人については、引きつづき使用をすることはあり得るものです。ただし、この年代にあたる40歳以上の女性がピルを服用する場合については、血栓症になりやすいという、ピルの副作用が出やすくなってしまう可能性がありますので、医師と相談の上で服用をするようにしたほうがよいといえます。
また、更年期の最中にはホルモン量が安定しないことから、身体のほてり、頭痛、発汗などといった身体的な症状や、無意味にいらいしたり、怒りっぽくなるといった精神的な症状があらわれやすくなり、これらを更年期障害とよんでいます。本来はまだ更年期になっていないはずの若い世代でも、仕事のストレスや睡眠不足などから、ホルモンバランスがくずれてしまい、やはり更年期障害に類似した症状が発生する場合があります。
避妊用のピルには女性ホルモンが含まれていることから、実は更年期障害のような、ホルモンバランスの異常にともなう症状が改善する可能性があり、特に若い世代の人にはその目的で処方されることがあります。40代以上の更年期障害の人には、ピルと同様の女性ホルモンを含むものの、その含有量が一般的なピルよりも少ない、専用のホルモン剤などが投与されるのがふつうです。

関連記事

  • ピルでホルモンと生理サイクルを調節するスポーツ選手

    卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つの働きで、排卵を抑制する効果を持ったピルは、避妊薬としての効果の高さばかりが注目されています。 しかし避妊薬としてではなく、生理通の改善や生理周期の安定化を目当てに服用している人も多く、賢い使い方をする事で身体のストレスを取り除く事が可能です。 世界ではスポーツの記録を伸ばすためにピルを愛用している人もおり、競技の試合がある予定日と、生理周期をずらすためにピルを服用しています。 生理が起きてしまうと身体能力にも大きな違いが出てくるために、生理のせいで試合に出るのを辞退するという人も少なくありません。 そんな悲しい事態にならないためにも、生理周期をずらすためにピルを服用したり、ただ生理痛を減らす事ができたら十分だと考える人もいます。 スポーツ選

  • ピルを飲み続けることで安心の性生活を

    ピルを服用し、安心した性生活を送る男女

    男性と女性の付き合いの中で、やはり肉体関係というのはほとんどの場合であるものです。それが愛情表現にもなっていて、二人の結びつきを強くするのにも大切なものなのです。毎日の生活でより絆を強く持つためにも性生活を安心して送りたいものなのです。 ただ、健康な男女が性交渉をしていくことで妊娠をしてしまう可能性があるのです。これがうれしいと思える関係であればいいのですが、誰もがそうとは限らないのです。若...

  • 月経調節のためにピルを処方してもらうなら産科で

    女性の方の多くは何かしら月経に悩みを持っています。月経前に生じる倦怠感やイライラなどの生理前症候群で悩んでいる方、ひどい生理痛や出血で仕事や生活に支障の出る方、生理不順で悩んでいる方など、その内容は様々です。月経前の肌荒れに悩む方も多くいます。そんな月経に関する悩みの原因の多くは女性ホルモンです。女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種類があります。生理二週間前までは卵胞ホルモンが多いのですが、生理前になると黄体ホルモンの分泌が急激に増えます。卵胞ホルモンは女性らしい身体作りや自律神経に作用しており、黄体ホルモンは妊娠をサポートする作用があります。このホルモンバランスが急激に変わることにより、生理前症候群が生じるのです。また、黄体ホルモンの分泌が多いとひどい生理痛や頭痛を引き起こしま

  • ピルとチップの効果と蕁麻疹について

    ピルを服用して自分の身体を守ることを決める女性

    最近の女性の中には性に対する知識をしっかりと身に付けている人も多くなってきています。しかし、まだまだ、男性の知識は乏しく、女性と比べると妊娠に対しても意識が低い人が多いのが現状です。そのようななかで、しっかりとした対応をとっていないと、避妊をおこたっていたら性交を通して赤ちゃんを授かってしまうことがあります。赤ちゃんを授かっても良いような家庭環境にあり、できちゃった婚も認めてくれるような両親で...

  • 旅行の際の生理の調整は内容量が少ない低用量ピル

    生理周期が安定していないときや旅行に出かけたりする際には、生理がいつ来るのかがわかりにくかったりするものです。生理自体が重い人もいたりすると、とても気が重くなったりするものです。せっかく出かける旅行でも生理痛がひどい状態では、楽しい旅も台無しになってしまうものなのです。特に若いときの修学旅行などにおいては、日程の中で生理を避けたいと思う人も多いことでしょう。そこでおすすめなのが、産婦人科などで相談をして、生理の日程をずらすことができる低用量ピルを処方してもらうことです。 低用量ピルというのは、内容量が少ないホルモン剤が入っている薬になります。これは主な目的として排卵を抑制して妊娠を避けるといった避妊効果になります。避妊薬としての効果は抜群であって、しっかりと毎日服用していれば妊娠をすること

  • 更年期や閉経後の人のピルの服用について

    閉経後もピルを飲むか迷う女性

    女性には定期的に訪れる月経が完全に停止して、赤ちゃんを産むという機能が終わった状態になるのが閉経ですが、実際に閉経を迎える前後の数年間にわたって、月経とは切り離せない関係にある女性ホルモンの分泌量が減少するなどの身体的な変化がおとずれる切り替わりの時期のことを更年期とよんでいます。 こうした年代の人が避妊を目的としてピルを服用することについてですが、閉経後はそもそもピルで避妊をする必要がない...