ピルの種類と効果

自分の服用しているピルがどのように分類されるのか考える女性 ピルとして販売されている医薬品にはたくさんの種類がありますが、どの製品においても高い避妊効果があることは共通しており、卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌抑制による排卵の抑止作用、子宮内膜を変質させて着床しにくくする作用、子宮頸管の粘液の性質を変化させて精子が子宮内に入り込みにくくする作用により、服用継続中に性交渉をしても90%以上の高確率で避妊に成功します。ピルを種類分けする方法はいくつか存在しますが、特によく用いられるのは世代別の分類です。ピルを世代別に分類すると、卵胞ホルモン剤としてエチニルエストラジオールが用いられるのは全ての世代で共通していますが、黄体ホルモン剤として使用される物質は各世代で異なります。第1世代のピルにはノルエチステロンが含有されていますが、作用が弱いため錠剤中の含有量が多くなる欠点がありました。そこで第2世代のピルでは、より作用が強いレボノルゲストレルを使用しており、これにより黄体ホルモン剤の含有量を抑えることに成功しました。しかし、第2世代の製品では効果的に避妊ができるようになった反面、アンドロゲン作用が出やすいという欠点を持っており、これを克服するために第3世代のピルではデソゲストレルが含有されるようになりました。第3世代の製品でそれまでの2世代のピルが持っていた弱点はほぼ無くなりましたが、その代わりに血栓症のリスクは3世代の中で最も高くなっています。現在最も新しい第4世代のピルでは、黄体ホルモン剤としてドロスピレノンと呼ばれる物質を含有することにより、卵胞ホルモン剤の量を減らすことに成功しています。血栓症のリスクは第3世代の製品より大きいですが、身体にかかる負担自体は最も低く、従来の製品では飲み続けるのが辛い人や、薬が合わない人に処方されるケースが出てきています。

ピルの服用期間について

ピルの服用期間を個人的に日記につけて管理する女性 付き合っている異性との関係の中で、今は体の関係というのが切り離せないものになっています。それほど長く付き合っていないとしても肉体関係になるということは珍しくなく、自然な流れになっています。ただ、二人の関係性を考えた時に妊娠をしてしまうことで中絶をするという道を選ばなければならないようなカップルもいたりするのです。そういった悲しい事態にならないようにするためにも、避妊をしていく必要があるのです。避妊をしていくにあたって、コンドームを使用していくことになるのですが、ほかにも方法もあるのです。器具などを装着したりすることもありますし、錠剤のホルモン剤を飲むこともあります。今徐々に浸透してきた方法として、ピルというホルモン剤を服用する方法があるのです。ピルに関しては、女性の排卵を抑える効果があるので、妊娠をしない体にすることができるのです。それはピルを服用している間に限ったことであり、飲むのをやめると排卵がまた始まるのです。低用量ピルというのは通常28日間の生理周期に整えるようにしていきます。これは錠剤を飲むことで固定されるものです。生理不順の人にも効果があるのです。シートによって、飲み方が異なるのですが、21日型と28日型があって、ともに同じようなホルモンコントロールをしていきます。最後の7日間はホルモン剤を摂取しないような形になります。つまり28日型では最後の7日間に飲む錠剤はホルモン剤が入っていないのです。21日型ではあとの7日間薬をお休みするのですが、28日型では毎日飲み続けるようになるのです。ですから、習慣づけが重要になっていくのです。正しい服用で高い効果を持つ避妊薬として、女性の強い味方なのです。

関連記事

  • 高用量ピルの服用と血圧上昇などの副作用

    女性の避妊用の経口避妊薬としては、高用量、中用量、低用量といった種類があるものですが、これは、なかに含まれている卵胞ホルモンの作用をする物質の量にしたがった名称となっています。この卵胞ホルモンにあたる物質の量が50マイクログラムであれば中用量となり、50マイクログラムを超えれば高用量、50マイクログラムを下回れば低用量ということになります。以前は避妊用のピルといえば、高用量か中用量というのがあたりまえでしたが、現在では低用量ピルのほうが主役となっています。高用量ピルのように、この卵胞ホルモンにあたる物質が多すぎる場合には、しばしば服用しはじめのときに、吐き気や嘔吐、頭痛、下痢、体のむくみ、おりものや月経量の増加、血圧上昇などといった、さまざまな副作用が生じやすくなるものです。したがって、現在

  • ピル服用と肌荒れは関係あるの?

    肌荒れに悩む女性

    女性が避妊目的で服用する薬として、ピルがあります。ピルというのは、ホルモン剤が配合されている錠剤であって、それを飲むことによって、かなり高い確率で妊娠を防ぐことができるのです。その仕組みとしては、女性ホルモンを体内に入れることによって、ホルモンバランスを整えて、生理の周期を28日にすることができるのです。またホルモンバランスを女性が妊娠をしている状態にしてしまうので、排卵を抑えることができるの...